フェイスアップで美しい顔へ

ほうれい線にも効果的

ほうれい線は、小鼻から口角に向かってできるしわで、八のような形をしています。
一般的にはほうれい線と言われていますが、医学用語では鼻唇溝と言います。その名のとおり、鼻から唇にかけてできる溝です。
ほうれい線は誰でもできる可能性があります。早ければ20代から溝が深くなってくることもあるのです。
また、そのまま放置していると良くなるどころか、溝はどんどん深まります。

顔の中心部にほうれい線があるかどうかによって見た目年齢は大きく異なります。
写真やイラストがあれば、そこにほうれい線を書き加えてみてください。たった2本のしわを書いただけでも、グンと老けてみえることでしょう。

このほうれい線は、年齢を重ねると共に頬の筋肉が衰えてしまうことで発生します。運動不足という人は、頬の筋肉が低下しやすく、衰えやすいとされています。
また、表情が乏しいという人も頬の筋肉をあまり使用しないので、下がりやすいです。
その他にも、肌の乾燥や紫外線など、目の疲れなどほうれい線ができる原因は様々です。

ほうれい線ができないように日頃からケアをしておくということは大切ですが、できてしまったものを放置していて溝がどんどん深くなってしまっていたら、もう自分のケアでは元に戻ることができないかもしれません。
フェイスアップ(リフトアップ)をするためにフェイスリフトなどの手術を受けることをおすすめします。
ほうれい線があるかないかによって、何歳に見えるかは大きく異なります。少しでも若く見せたいというのであれば、ほうれい線はやはり除去しましょう。